定修工事とは?定期修理と単管足場について

 

千葉県木更津市で足場工事を営んでおります。

株式会社TASUKUです👷


久々の更新となります!

今回は、TASUKUが行っている定修工事 (定期修理) と単管足場につていご紹介します!


定修工事とは?

定修工事とは、定期修理の略のことで、定修工事とは、定期修理工事のことになります。主な工事内容は、プラントや工場の設備の定期メンテナンス、点検、修理になります。


プラントや設備の修理や点検は高所作業になることがほとんどのため、足場を組み立てる必要があります。



定修の工事内容4つ


1.プラント・工場設備の点検

設備内部の点検や法律で定められた年1回の点検など、プラントが停止状態でなければできない点検を行います。


2.化した配管・設備の交換

稼働を続けたら故障しそうなプラントの設備や配管を交換します。プラントの大型設備は、レッカークレーンで作業を行う場合もあります。


3.プラント・工場設備の洗浄

稼働し続けたことによって溜まった汚れを洗浄します。薬品で洗浄したりジェット洗浄装置、バキューム車で汚れを取り除く場合もあります。


4.プラント・工場設備の改造

設備の安全面や作業の効率化などをみて、改造を加えることもあります。



定修工事を行うメリット

プラントや工場はフル稼働させた方が1番コストがかかりません。トラブルが発生し、停止してしまうとコストが上がってしまいます。


定修工事を行うことにより、急なトラブルや故障を予防ができるため、ランニングコストを抑えることができるのです。


定修工事と足場について

プラントや設備の修理や点検を行う定修工事は高所作業になることがほとんどのため、足場の存在が必要不可欠になります。


また、プラント・工場にはさまざまな大型の生産設備があり、運用・管理・メンテナンス等での高所作業を、安全に効率良くこなすには足場が必須です。



単管足場が選ばれる理由

単管足場は組んでいるときのぐらつきが少なく、事故や災害のない安全な施工が可能です。強度も高くプラント・工場等の大規模な現場において、安心・確実な足場環境を整えられる点が大きなメリットです。


またパイプ同士を、縦横に繋いで組み上げる構造のため、設計の自由度が高く複雑な建物や、工場内の狭小地でも設置できます。パイプを任意の長さに切断して継ぎ足すこともできます。


定修で足場業社をお探しならTASUKUにお任せ!

千葉県木更津市のTASUKUは、プラント・工場の定修工事で「単管足場」の組み立てを手掛ける会社です。


足場を使う人の立場になって考えた施工をモットーとし、力を合わせて現場をこなしていくのが私たちのスタイルです。


プラントや工場での定修工事に伴う単管足場、単管吊り足場についてご不明な点、ご要望はお気軽にご連絡下さい!