足場とは?足場の種類5つとそれぞれの特徴

 

千葉県木更津市で足場工事を営んでおります。

株式会社TASUKUです👷


今回は、TASUKUが行っている足場の種類と、

その特徴について詳しく紹介していきます!


足場とは?

足場とは、定修工事や建築工事において高所作業を行う際に必要不可欠な存在。足場の良し悪しによって作業のしやすさが変わってきたりします。


また、高所で作業をする職人さんの命を守る大切な役割も担ってます。



足場の種類5つ


足場は大きく「組み立て足場」と「吊り足場」の2種類に別れます。

TASUKUで行っている足場は、

・屋根足場
・吊り足場
・単管足場
・枠組み足場
・移動足場

こちらの5種類になります。

それぞれ特徴を見ていきましょう。


足場の種類1.屋根足場


足場の種類1つ目は、屋根足場です。

屋根足場は、屋根の傾斜で登れない

ときに行う足場のことです。


外壁の足場を組み立ててから、

屋根に足場を組み天辺まで登れるようにします。


屋根足場の特徴


屋根の勾配が5寸以上の場合に

設置する事が多く風などの天候の関係で

屋根足場を設置することもあります。



足場の種類2.吊り足場


足場の種類2つ目は、吊り足場です。

吊り足場とは、その名の通り

上から吊り下げられた足場のことを言います。


地面から汲み上げていく通常の

足場とは違い、吊り下げるタイプのため、

橋や、プラント関係の定期メンテナンス等の

定修工事などに行う事が多いです。


吊り足場の特徴


吊り足場の特徴としては、設置範囲が広いため、場合によっては工期を短縮する事が可能です。


また、手すりの内側で作業する事が多いため、安全性も優れてます。



足場の種類3.単管足場


足場の種類3つ目は、単管足場です。

単管足場とは、鉄パイプの単管を

地面から組み立てていく足場です。


単管足場の特徴


単管足場の特徴としては、

設計の自由度が高く、狭い場所

でも足場を組む事が可能です。



足場の種類4.枠組み足場

足場の種類4つ目は、枠組み足場です。

枠組み足場は、鋼製布板や、ジャッキ、

筋交等で組み立てる足場になります。


枠組み足場の特徴


枠組み足場は強度があり、作業床が

あるため安全性に優れています。


ビルや、プラント等の定修工事など

大きな建物で利用するケースが多いです。



足場の種類5.移動足場


足場の種類5つ目は、移動足場です。

移動足場はローリング式足場ともいいます。


移動式足場はキャスターがついているため、

組み立てた状態で移動することが可能です。


移動足場の特徴


移動足場の特徴としては、キャスターが

ついているため、組み立てた状態で簡単に

移動ができる点が特徴です。


足場のことならTASUKUにお任せ!


いかがでしたか?

今回は、TASUKUが行っている

足場を中心に、それぞれの特徴を

紹介しました!


千葉県木更津市のTASUKUは、

施工をモットーとし、力を合わせて現場を

こなしていくのが私たちのスタイルです。


プラント用等での定期メンテナンスに伴う

足場工事ついてご不明な点、ご要望はお気軽にご連絡下さい!